サロンと医療機関での脱毛方法の違いを解説

バナー

サロンと医療機関での脱毛方法の違いを解説

脱毛にはサロンで受けることが出来るものと、医療脱毛の二つがあると思います。


その二つの間には実は大きな違いがあるのです。


どちらもレーザー治療ではあるのですが、まずその出力が違います。

医療機関で受けることが出来るものは、照射パワーが強く、短時間で施術が終了します。
回数も5回ほどと少なく、その間にかかるお金も意外と安く抑えることが出来るというメリットがあります。


エステのものは、照射パワーが弱いため、長期間通う必要があります。

新宿の脱毛情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

平均で18回程度となっており、それだけの回数を通うためにはお金もかかってしまうことがあります。

また、医療機関で受ける場合には、有資格者が施術してくれるので、安心して施術を任せることが出来ます。
反面、エステだと資格の必要はないので、リスクを伴う可能性もあります。

ほとんどの場合、研修などは十分に行われており、スタッフの腕は熟練されているので、必要以上に心配する必要はありません。
信頼できるサロンを選ぶようにしましょう。また、医療機関で脱毛する場合には医師の診察を受ける必要があります。



肌の状態をしっかりと見極めてもらえるので、より安心して施術してもらうことが出来ます。
サロンの場合はカウンセリングのみとなっており、自己申告制なので、もし知らない間にアレルギーが起こっていた時などには注意する必要があります。



しかし、そのカウンセリングは丁寧に行われるので、やはり必要以上に猜疑心を抱く必要はないでしょう。

Copyright (C) 2016 サロンと医療機関での脱毛方法の違いを解説 All Rights Reserved.