クリニックやサロンで行う場合の脱毛の種類について

バナー

クリニックやサロンで行う場合の脱毛の種類について

脱毛をする場合、クリニックやエステサロンで施術を行う方法があります。

クリニックなどの医療機関では、レーザーや電気針を用いて行う方法があります。

またエステサロンでは、強烈な光を毛根にあててダメージを与えるフラッシュ脱毛という方法があります。



クリニックでのレーザーや電気針による施術は、毛根を破壊するためほぼ永久脱毛であるといえますが、施術を行う時に痛みを伴う場合があります。

そのため、レーザーでは麻酔を使用することもあります。



クリニックなどの医療機関での施術は医療行為ではありますが、病気によるものではないため、保険が適応されず料金が高額になるので気を付けましょう。

医療機関以外のエステサロンなどで行われるフラッシュ脱毛は、強烈な光を用いて毛を作り出す毛乳頭や毛母細胞へダメージを与えます。

正確には減毛であり、一度に何本もまとめて施術を行うことができます。



痛みもなく費用も安くすみますが、人によっては効果が得られにくい場合もあります。

その他にワックスを使用する方法があります。

温めた専用のワックスを、処理をしたい部位に貼り付けて固まったら一気にはがす方法です。

細かい産毛や角質も一気に取り除くことができツルツルになりますが、肌が弱い人は施術後に荒れる場合があるので注意しましょう。

脱毛の方法にはいくつかあり、それぞれメリットデメリットがあります。


自分に合った方法がどれなのか、クリニックやサロンでよく相談してから行うようにしましょう。

Copyright (C) 2016 クリニックやサロンで行う場合の脱毛の種類について All Rights Reserved.