Wifi電波が弱い時に中継器を使用する方法とは

多くの家庭では自宅内でスマートフォン・タブレット端末・ノートパソコンなどをインターネットに接続する目的でWifiルーターを設置しています。
Wifiを利用すればLANケーブルを接続しなくても済むので便利ですが、電波が届く範囲内でしかインターネットに接続することができません。

例えば大きな家で1階にWifiルーター(親機)を設置して3階でインターネットに接続したい場合であれば、電波が弱くなって通信速度が低下したり回線が不安定になってしまうケースがあります。



このような場合には、途中の2階に中継器と呼ばれる装置を設置して3階まで電波が届くようにすることができます。
中継器は親機の規格以上の装置を選ぶ必要があり、親機との距離が離れすぎていない場所に設置します。


中継器を設置する際は、最初に説明書にしたがって本体のボタンを操作して親機との間で通信の設定を行います。
次にインターネットに接続する各デバイス(スマートフォンやパソコンなど)と中継器を接続するための設定を行います。



これは、デバイスをWifiルーター(親機)に接続する際に設定する方法とほぼ同じです。


無線Wifiルーターを利用してインターネットに接続する場合には、光回線などのように設置する場所が限定されません。


家の中で全ての部屋に電波が届くような場所を自由に選んで親機を設置することができます。

そのため、中継器を利用しなくても家の中であればどこでも快適にインターネットに接続することが可能です。