コピー機リースの特徴について

コピー機リースは本体価格・保守契約料金があり、本体価格は本体料金です。保守契約料金は本体の保守や管理にかかる維持費で、印刷枚数によるカウンター料金等の維持費もこれに含まれます。業者はキャンペーン中であったり、条件込みの販売やリース品を扱うことがあり本体価格が大幅に値下げされることがありますが、中古機種で修理に必要な部品の保証期間が切れているといった訳あり商品である場合もあったりします。格安で利用できるとしても後々に問題が起こらないか判断する必要があるのです。

コピー機リース業者の提示する見積書には大抵、本体価格・保守契約料金が載っていますが、場合によっては契約後にメンテナンスで部品交換、備品補填で追加料金を請求される場合があります。結果的に割高になってしまわないよう、保守契約料金に含まれるのがどの範囲までか、追加料金が発生する条件がどのような場合かを直接聞いてみるのも良いでしょう。また、リース業者は定期メンテナンス、アフターケアが充実している業者を選別するのも重要になってきます。不意に複合機、コピー機に故障や問題が発生してもすぐに対応してくれる業者であれば、安心して利用することが可能です。

最近の複合機はコピーやスキャンだけでなく幅広い機能が設置されています。ネットと接続してデータを保存できたり、名刺や書類を管理できたりするなど、大幅な業務効率アップが話題です。コンサルティングサービスがあるリース会社を選ぶことで、機能のアドバイスや仕事の効率をあげるためにどうしたらいいのかがわかります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.