コピー機の上手なリースの仕方

コピー機のリースを検討している時には、まず最初に社内で予算をしっかりと決めましょう。会社ごとに予算は異なり、費用対効果を考えながら最善の選択をする必要があります。予算を決めたら次は必要な機能を考えて、業務上でどのような機能があると便利なのかを具体的に出していきます。曖昧なままリース会社との話し合いに臨むと、営業マンに言われるがままに高性能なスペックのコピー機に決めてしまいますが、めったに使わないような機能は外した方が安く済むので、そのあたりの見極めが大切です。

予算において、一つだけ気を付けたいのが本体価格以外にも費用が発生するという点です。本体価格だけを見ると安く思えても、そこに保守費用が追加されるため、トータルで見るとそれほど安くはならないというケースが多々あります。安さを売りにしているリース会社では、見積もりの際に本体価格のみを提示してくるかもしれません。しかし、これは良心的な対応ではなく、実際に使い始めてから予想よりも費用がかかるという事態に陥りますので、見積書が出てきたら必ず保守費用まで考慮されたものなのかを確かめましょう。

万が一入っていなければ、保守費用を含めたものを再度要求します。機能面と費用がクリアできたら、次に確認したいのがアフターサービスです。コピー機を使い始めると、思わぬアクシデントに見舞われることがあります。簡単に直せるものなら良いのですが、プロによる修理が必要になることも多いため、すぐに修理に来てくれることが理想です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.