コピー機をリースする利点

企業で利用するコピー機の多くは、リース契約で貸し出されています。リース契約というのは通常のレンタルとは違い、2年ほどの期間を区切って借りるサービスです。購入してしまえばいいのでは、と思う人もいるかもしれませんがリースには利点が多くあります。コピー機というのは一台で多くの機能を持っており、それだけあれば様々な仕事を行えます。

コピーだけでなくプリントアウトやスキャン、FAXはほとんどの機種に搭載されており、一台で様々な活躍を見せます。その代わりに故障やメンテナンスが付きものなので、出来るだけ買い切りというよりはサポートもセットで買っておいた方がいい設備と言えます。また、消耗品も付きものなのがコピー機で、紙やインクなどを定期的に補充しなければならず、リース契約をしていればそれもサービス会社が定期的に補充してくれます。また、壊れた時の修理やサポートも料金内に入っているために気兼ねなく呼ぶ事が出来ます。

担当スタッフが来たついでに備品を注文したり、よく分からない使い方をレクチャーしてもらったりと使い方は色々です。これらを買い切りでしていた場合を考えると、備品を買うにも社員が買いに行かなければならず、故障する度にメーカーのサポートを有料で受けなければなりません。こういった要素があるために、コピー機は基本的にリースで多くの企業に利用されているのです。なかなか他にはない特殊な位置にある設備ですが、どんな企業にも必須のものとなっています。

コピー機のリースのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.