5年間がコピー機のリース契約の基準となっている理由

気に入った機種を選び導入するコピー機のリースですが、たいていの場合は3年から6年間契約です。様々な最新機種が登場をする中で、機器の耐久性は年々高くなっています。耐久性も昔よりレベルアップしたことから、現代では7年間の長期的な契約もあるくらいです。長期的や短期的など選ぶことができますが、特徴をそれぞれ把握したうえでも、導入をしたい時期も含めて検討をすることができます。

確かに3年から7年の中で契約期間を設定はできるものの、選ばれる1番多い期間としては5年契約です。最初からリース会社の方で、コピー機は5年の契約とする事は多くあります。理由がおよそ5年間がコピー機における法定耐用年数だからでありをベースにリース期間も設定をするからです。高性能な機種にもなれば、耐久性は5年を超えることもありますし、そうしたハイスペックな機種も提供をしています。

半面で導入後の稼働頻度も含めると、それぞれの耐久性に違いは出るのは否めません。コピー機のリース契約の基準が5年間というのは、5年間の法定耐用年数があるためです。だからこそ契約をしたら、どれくらいの年数を使い続けたいのかを決めるようにします。業界として印刷を対象にするなら、契約として多いのは3年間から5年間です。

さほど使用頻度は多くはないものの、会社には導入したいというなら、契約を6年から7年にすることもできます。希望の使いたい年数と、使用頻度を考えたうえでのコピー機のリース期間の検討です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.