コピー機のリース会社ごとにアフターサービスが異なる

初めてコピー機をリースする時に、ほとんどの人が気にするのは機種の新しさやスペック、月々の負担額です。年々新しい機種が登場していますし、それによって機能も徐々に変化していますので、少しでも良いものを取り入れたいと考えるのは当然のことです。また、月々の負担額が大きくなればその時の業績によってはコピー機の見直しをせざるを得なくなるため、そうならないように最初から費用負担の少ないものを取り入れたいと考えることがリスク管理になります。これらのことを熟考した上で、もう一つ忘れてはならないのがアフターサービスに関することです。

アフターサービスは表面所はどこでも同じように見えても、実際には少し異なります。ほとんどのリース会社で採用しているのが、提携しているメーカーや保守業者に修理のスタッフにその都度修理派遣の依頼を行う形式であり、この形にすると常に修理要員を抱えておく必要がありませんので、リース会社側から見るとコストがかかりません。ただし、コピー機を借りている側から見ると、修理が終わるまでに時間がかかってしまい、その間の業務がストップするリスクもあります。理想的なのは、専属の技術スタッフが所属していて、常に修理の受付に迅速に対応してくれるタイプのアフターサービスを提供しているリース会社です。

この場合には、受付をしてから到着までがスピーディーであり、最初からしっかりとトラブル内容を把握した上で対応にあたります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.