コピー機リースについて知っておきたいこと

オフィスにコピー機を導入するときには、まずシミュレーションを行ってみることをおすすめします。インターネットには多くのコピー機レンタル・リースのサイトがあり、使用期間や料金といったポイントを入力することで、どちらの方法で導入すべきかアドバイスを行っているのです。レンタルかリースかを迷っているのであれば、まずはこうした診断ツールを利用するべきでしょう。3年以上の長期で使用する場合や、最新の機器を利用したいのであればコピー機はリースで使用することをおすすめします。

リースの費用は会社の経費の扱いとなり、固定資産税や減価償却費の対象にはなりません。しかも長期契約ですから、長い視点で見ると結果的に経費が少なくなるということもあります。コピー機リースで気をつけたい点は、途中での解約が出来ないというところです。あらかじめ決められた期間使用するという契約でコピー機を利用することになりますから、途中で手放すことは出来ません。

また、契約の種類によっては会社の審査が必要となることがあります。導入まで若干の時間がかかってしまうことも、注意しておきたい点と言えるでしょう。ですが最新の機種を長い期間使うことが出来ますし、保守契約を結べば充実したサポートを受けることも出来ます。カラーかモノクロかによって料金も異なりますし、ステープル機能や給紙方法によってはオプション料金が追加されることもあります。

こうした細かい部分も考慮した上で、契約することが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.