コピー機のリースで失敗しないためのポイント

リース契約でのコピー機の導入は初期費用を抑えることができるメリットがありますが、5~6年ほどの長期間は中途解約できず使い続けることになるため、場合によっては失敗だったと後悔することもあります。しかし、ポイントをおさえて選べば失敗を防ぐことも可能です。コピー機を選ぶ際の基準で重要なのが、印刷速度です。コピー機の価格は性能によって変わり、印刷速度が速ければ高額で遅ければ低価格なものが多くなります。

そのため、月間印刷枚数とそれに合った印刷速度であれば最新で高性能なものでなくても問題は無く、むしろ過剰な性能のものを導入するとリース料金も無駄に高くなってしまいます。一方で、性能が低めで安い機種を導入した後に事業内容が変わって使い勝手が悪く感じても、リースでは簡単に他の機種に乗り換えることができないため、リースする前に事業の将来性も考えながら機種を選択することが大切です。また、コピー機だけでなく保守契約も選ぶ際の重要なポイントです。保守契約とは精密機械であるコピー機を最適な状態に保つためのもので、毎月料金を支払うことで定期メンテナンスや故障時の対応などの際に無料で対応してくれます。

最も一般的なカウンター保守では、月ごとの印刷枚数分の使用料を支払うことで、トナーなどの消耗品の交換も行ってもらえます。保守料金は会社によって異なりますが、安い場合対応が遅いなど問題がある場合が多いため、少し高くても迅速な対応をしてくれる会社が安心です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.