仮設事務所でコピー機レンタル

コピー機は事業をしているのであればさまざまなシーンで使うことになるため、社内に一台はほぼかならず必要となってきます。そして固定的に使用する一台はメーカーから購入するか、あるいはリースなどで導入するのでよいとしても、そのほかにも突発的にコピー機が必要になってくることがあります。それはたとえば請負工事をするために現地に仮設事務所を設置する場合や、あるいはイベントの期間内だけ現地に仮設事務所をつくる場合などが挙げられます。いずれの場合も本社とは別の場所に事務所を設置するため、本社にあるコピー機を使うことができませんし、なおかつ期間が限定されているのでわざわざ購入するわけにもいきません。

このような場合に強みを発揮するのはコピー機のレンタルです。レンタルであれば自前で購入することなく、レンタル会社が所有している機器を期間を限定して借り入れるだけですので、購入のような高額な料金を請求されることはなく、使用した日数分だけの料金を支払えばすみます。またリースとは違って数年単位での契約期間を設定する必要がなく、あくまでも使った分にあわせた料金となりリーズナブルといえます。レンタルであれば機器の搬入・搬出や運搬などの作業もすべて含めてサービスをしてもらうことができ、別途これらのサービスだけを発注する必要もありません。

期間中のメンテナンスについても基本料金のなかに含まれているか、包括契約で一定の料金を支払うだけで追加の料金がいらないのもメリットです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.