コピー機をレンタルしたほうが良い場合とは

ビジネス上欠かせないOA機器といわれているのがコピー機ですが、社用として利用する場合レンタルかリースどちらがお得なのかわからないという声は少なくありません。まずレンタルとリースの最大の特徴は、利用期間の長さにあり前者は3ヶ月から3年未満なのに対して後者は通常3年から6年とされます。他にも中途解約が前者なら行えるのに対して、後者はリース期間中は解約を行えない契約となっています。そして費用面は前者に初期費用がかかるのに対して、後者は初期費用無しで利用できる特徴を持ちます。

そのためレンタルに向いているという人は、利用期間が短く数日間から短期間だけ利用したい時に向いており、もし契約途中であっても利用中に解約を自由に行えることも可能なので、余計な費用を支払わずに使用したい時だけ契約したいという目的に適しています。ただレンタルを利用する際に注意すべき点には、契約するコピー機はメーカーや製品などを選択できないので、レンタル会社に全て任せることになりますし、初期費用が発生することです。また契約したコピー機は、所有権がこちらにはないので購入した時に計上する必要がある減価償却や固定資産税が発生する心配がありません。そして契約時に審査が不要なので、リースのように面倒な審査を行う必要がなく誰でも気軽に利用することが可能になります。

このようにメリットや注意点などをしっかり把握した上で上手くコピー機を利用する方法を選択しましょう。コピー機のレンタルのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.